トゥモロー・ワールド

DISCASで借りてみました。
近未来のイギリスが舞台。世界中で子供が産まれなくなって18年。荒れ荒れな状況の中、一人の少女が妊娠して・・・というお話。

もっとSFチックな映像を期待していたので、まるでテロリスト関係の映画のような画面にびっくりしました。
近未来とはいえ、殆ど現在と変わらない生活。
でも、滅亡が目の前にせまっていて、みんな投げやりに暮らしているわけで、町中いたるところでテロがおきて、ガンガン人間が死んでいきます。
結構暗いです。
で、肝心の「なぜ子供が産まれなくなったのか」や、妊娠した少女が行きたがっている「ヒューマン・プロジェクト」なるものはどんな所なのか、という説明が殆どなくて、あれ?と疑問に思っているウチに映画は終了~。

ということは、やはりこれは原題「The Children of Men(人類の子供達)」がテーマであって、最後の希望という事が描きたかったのかな?という気がします。
妊娠した少女の名前も「キー」でしたし、字幕では伝えきれない部分が沢山あったのかも。
原作もあるみたいなので、読んでみようかな~。

しかし、連休初日とはいえ夜更かししまくりです。
ワタシの「トゥモロー」は既に「トゥディ」っすね~。やばいぜ!
これからは規則正しい生活を目指します!


/ ポニーキャニオン(2007/03/21)
Amazonランキング:367位
Amazonおすすめ度:
不自然な点が多い
絶望から希望へ、命の連鎖を繋げ!!!
この映画は普通のテレビで観てはいけない!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

swim
2007年04月29日 07:39
yossiさんが人類の将来に心を痛めているころ、ぼくはビール焼酎カルビナンコツで煙りにいぶされてオーバーカロリーの世界に溺れていました。しかもチョコバナナパフェまで食べてしまった。いま、アタマがイタイ・・・・
yossi
2007年04月29日 17:15
「トゥモロー~」の後に録画しておいた「時効警察」みたりして、ちっとも人類の将来を考えてないのがバレバレ(笑)
オーバーカロリーでもチョコバナナパフェでしめる!男らしいっす♪私も久しぶりに焼き肉行きたくなりました。

この記事へのトラックバック

  • トゥモロー・ワールド

    Excerpt: 2006 イギリス 洋画 SF アクション監督 : アルフォンソ・キュアロン出演 : クライヴ・オーウェン , ジュリアン・ムーア , マイケル・ケイ... Weblog: Yasutaka's GROOVE racked: 2007-05-17 10:39